共栄ホームブログ|福山市の注文住宅|共栄ホーム 新築・一戸建て

I様邸地鎮祭

本日、I様邸の地鎮祭を行いました。

 

朝から、今日もいい天気で気温もぐんぐん上がります。

P1110081_R

 

 

 

宮司さんのお祓いや祝詞のあと、ご家族みなさんで鍬入れの儀式です。

 

お子さんたちもよい記念になりましたね。

P1110100_R

 

 

 

 

地鎮祭も無事終了し、I様ご家族と共栄ホームスタッフみんな揃って記念撮影です。

 

 

P1110122_R

 

これから、スタッフ一同素晴らしいI様邸が完成するよう頑張ってまいります。

本日は、おめでとうございました。

 

西新涯モデルハウス計画(第2回)

本日より西新涯モデルハウス着工です!!!!

 

朝、現場に行くと地盤改良工事会社の方が工事の準備中でした。

DSC_5807_R

 

地盤調査は事前に行っており、その結果地盤改良工事が必要との判定が出ました。

今回、行うのは「柱状改良」と呼ばれる地盤改良工事です。

 

ちょっと、豆知識ですが、地盤改良工事には大きく分けて3種類あります。

1つは、表層改良工事と呼ばれ、比較的軟弱な層が浅い所にある場合、表面の土を掘り返し固化材と一緒にまぜまぜして埋め戻す工法です。

2つめは、今回行う柱状改良工事で、住宅ではよく採用される工法です。

 

キャプチャDSC_5809_R

DSC_5806_R

写真の、おじさんの足元に転がっているものを、地面に回転させながらグリグリと突き立てていきます。

それと同時に、パイプの中を水とセメントが通っていき掘り返された土と混ざってコンクリートの柱が地面の中に出来上がります。

この、コンクリートの柱を、家の配置に合わせて何本も打っていきます。

 

3つ目は、鋼管杭と呼ばれるもので、軟弱地盤が深く支持層(強固な地盤)まで距離がある場合に採用します。

 

コスト的には一般的に 1~3の順に高くなってきます。

 

福山市の平地ではこの地盤改良工事がほぼ必要になってきます。

しかし、まれに必要ない場所もありますので、こればっかりは調査してみないとわからないというのが正直なところです。。。

 

地盤改良工事が終わると基礎工事に入っていきます。 地味な工程(失礼・・・)が続きますが、何事も基礎が大事です!!

というわけで、次回も見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住まいに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

tel084-922-6116

営業時間9:00〜18:00

このページの先頭へ