共栄ホームブログ|福山市の注文住宅|共栄ホーム 新築・一戸建て

関守石

先日、店舗物件が竣工いたしましたので倉敷まで撮影に行ってまいりました。

 

新築部分と、改装部分のある大規模なお店です。

 

外観を撮影していると、飛び石の上に何やら丸い石が・・・・

 

DSC_8987_DxO_RDSC_8988_DxO_R

 

 

 

アップでみると・・・・

DSC_8993_DxO_R

 

 

こりゃ、なんじゃ??? と思っていると・・・

 

一緒にいた、現場監督さんが教えてくれました。

 

これは「関守石」と呼ばれ、茶庭や露地の飛び石や延段の岐路に据えられる石で、蕨縄やシュロ縄で十文
字に結んである小石のことです。

 

茶道の作法において、この石が置かれた場合、「これより中に入ることは遠慮されたし」の意
味があり、これから先、客の出入りを遠慮してもらうための印として関守の役をもたせたために
この名があるそうです。

 

つまり、これより先は行ってはダメよ!! という意味。

 

 

またひとつ、かしこくなってしまった・・・・ (笑)

 

 

住まいに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

tel084-922-6116

営業時間9:00〜18:00

このページの先頭へ