造作家具(オーダーメイド家具)づくりの現場をご案内します♪~木取職人 前編~

こんにちは。
共栄ホームです。

 

お客様がお家を建てる際に、お客様のライフスタイルなどに合わせてオーダーメイドで造る家具は、自社の職人たちが造っています
そんな実際の家具づくりの現場をご案内します。

 

工場に入ると、北海道産のナラをはじめ、オーク、ウォールナットなど世界中から厳選された木材が出迎えてくれます。
当社の家具工場は、西日本最大級の規模!
例えば、同じオークでも原産地によってホワイトオーク、レッドオークなど色味に違いが生まれます。お客様のより理想に近い色味、材質の家具を造るため、常時40種類以上の木材が揃っています

 

木材は、伐採してそのまま家具などに加工するのではなく、加工に適した状態まで乾燥させてから使います。木が反ったり割れたりするのを防ぐためです。
工場に木材が来た段階では、約7割程度乾燥されているのですが、残りの3割をどのぐらい乾燥させるのか、見極めがとても難しいんです。
そのために当社では「木取職人」という専門の職人が、乾燥の具合、そしてどの木材をどの家具に使うのかまでを見極めています

 

画像のように木材の間には隙間を設け、適度な乾燥を促すのですが、その調整も木取職人の仕事です。当社の木取職人には、約50年勤務する職人もいるため、「木を見極める」ことには絶対の自信があります。

次回も引き続き、木取職人の仕事をご紹介します。

Home > オフィシャルブログ > 造作家具(オーダーメイド家具)づくりの現場をご案内します♪~木取職人 前編~

住まいに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

tel084-922-6116

営業時間9:00〜18:00