造作家具(オーダーメイド家具)づくりの現場をご案内します♪~塗装職人前編~

こんにちは。
共栄ホームです。

 

12月から定期的にお届けしている共栄ホームの家具づくりの現場。
2月は塗装職人の仕事をご紹介していきます♪

 

塗装職人の仕事は、組み立てられた木製家具の塗装や、鉄などの金属の塗装を行っています。

 

写真はネイルサロンの受付カウンターとして発注されたものです。
このカウンターは、塗装で白く仕上げた部分と、ウォールナットの木の温もりを感じられるカウンター上部のコントラストがとても美しく仕上がりました。

 

 

 

凹凸なく真っ白に仕上げるまでには、最低3回は塗装剤を塗ります。
均一に塗る工程はとても難しく、機械を使って塗ることもありますが、最後の工程はやはり職人が手作業で仕上げます。
そうした細かい作業が身につくまでには、最低5年はかかるそうです。

 

 

次にご紹介するのはアイアンの手すり。
塗装職人はこういった鉄などにも塗装をしています。

 

このような手すりは、一般住宅の踊り場や階段などに使われることも。
下地、黒色の塗装剤、仕上げ材と3回丁寧に塗り上げて完成させています。
色を塗ることで趣のあるものに仕上がりますし、錆止めの効果もあります。

 

次回は実際に塗装している場面など、普段あまり見ていただけない部分をご紹介したいと思います。お楽しみに♪

Home > オフィシャルブログ > 造作家具(オーダーメイド家具)づくりの現場をご案内します♪~塗装職人前編~

住まいに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

tel084-922-6116

営業時間9:00〜18:00