消費税率引き上げ後の支援策についてお話いたします。

みなさん、こんにちは。

共栄ホームです。

 

2019年10月から消費税率が10%へ引き上げになります。

今回は、消費税率の引き上げに伴う支援策についてお話します。

 

 

今回、政府から発表された支援策は4つ。

1.住宅ローン減税の控除期間が3年延長

2.すまい給付金が最大50万円に

3.次世代住宅ポイント制度

4.贈与税非課税枠の拡大

 

今回は、この4つの支援策について要点をお伝えしますね。

 

【住宅ローン控除】

住宅ローンを組んで住まいを購入した場合において、

一定の割合に相当する金額が所得税から控除される制度です。

消費税率引き上げ後、控除期間を3年間延長(10年から13年)されることになりました。

 

【すまい給付金】

一定の所得割額に応じて支払われるすまい給付金。

5%から8%の税率引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度です。

現行よりも、所得制限の緩和による対象者の拡充と、

給付額が現行最大30万円から最大50万円に引き上げされることになりました。

 

【次世代住宅ポイント制度】

一定の省エネ、耐震性、バリアフリー性能を満たす住宅や

家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームに対し、

商品と交換可能なエコポイントです。

新築は、最大35万円相当を。

リフォームは、最大30万円相当の次世代住宅ポイントがもらえます。

 

【贈与税非課税枠の拡大】

父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けて

住宅を取得した場合に限り、贈与税が非課税になる特例です。

現行では最大1200万円でしたが、

税率引き上げに伴い最大3000万円に拡大されました。

 

制度を使うためには、条件が何点かあります。

詳細は、スタッフに遠慮なくお問い合わせください。

 

制度を賢く使い、夢と笑顔溢れる家づくりをしていきましょう♪

 

Home > オフィシャルブログ > 消費税率引き上げ後の支援策についてお話いたします。

住まいに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

tel084-922-6116

営業時間9:00〜18:00