• スタッフブログ
  • facebook
  • instagram

MENU

columnコラム

注文住宅を建てるなら知っておきたい工務店・ハウスメーカー・設計事務所の違い

注文住宅を建てる際、依頼をする業者選びは非常に重要なポイントです。そこで主な選択肢となるのが「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」の3つ。しかし、それぞれの違いや特徴などについてあいまいなままでは、依頼先を決めるのは難しいはず。そこでここでは、それぞれの特徴について解説。業者選びの際に役立つ情報をお届けします。

 

  • ハウスメーカーの特徴とメリット・デメリット

 

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーとは、主に規格化された住宅を取り扱う住宅会社を指します。その多くが大規模な会社であり、テレビCMや住宅展示場などで目にする機会も少なくありません。建材や工法が規格化されているため、「低コスト」「短工期」「高品質」な建築が可能です。

 

ハウスメーカーのメリット

・定められた規格内であればコストが抑えられる

・完成した住宅の品質が安定している

・住宅の特徴や長所が分かりやすい

・保証制度が充実しているケースが多い

 

ハウスメーカーのデメリット

・規格化されているため、設計の自由度が低い

・規格外の要望によってコストが大幅に高くなる

・広告宣伝費が工事費に上乗せされる

・土地の形や条件によっては工事が難しいケースもある

 

  • 工務店の特徴とメリット・デメリット

 

工務店の特徴

工務店とは、一般的にハウスメーカーよりも狭い営業エリアで住宅工事を請け負う業者を指します。企業ごとに規模は大きく異なり、拠点を置く地域に密着した小規模な工務店から近隣の県や市に視点を持つ中堅ビルダーのような工務店まで様々。ハウスメーカーのように規格化がされていないことが多く、仕様やプランに関して制限の少ない家づくりができます。ただし、工務店ごとに特徴や得意分野が異なるため、事前の情報収集が重要です。

 

工務店のメリット

・設計の自由度が高く、理想の住まいを実現しやすい

・広告宣伝費など余計な経費が少なく、原価に近いコストになる

・その土地や風土に合わせた提案をしてくれる

・家を建てた後にも相談しやすい

 

工務店のデメリット

・ハウスメーカーよりも工期が長くなる

・担当する職人によって品質にばらつきがある

・工務店ごとに得手不得手がハッキリと分かれる

・小規模の工務店では経営状況に不安も

 

  • 設計事務所の特徴とメリット・デメリット

 

設計事務所の特徴

設計事務所とは、建築物の立案から工事管理までを行う事務所です。建築士1人で運営する個人事務所から多くの建築士が所属する企業まで、その規模や形態は大きく異なります。建築設計の専門家として、知識とセンスを発揮して依頼者の希望を実現する住宅を提案してくれます。

 

設計事務所のメリット

・自由度が高く、個性的なデザインなども実現可能

・豊富な知識と経験で的確な提案をしてくれる

・細かい部分まで設計監理が期待できる

・条件が複雑な土地でも設計力で解決できるケースがある

 

設計事務所のデメリット

・工務店とは別に事務所へ設計料などがかかる

・こだわったデザインや特注品の使用でコストが高くなりがち

・デザインの再現や特注品の用意で工期が長くなることも

・事前にコストを計算するのが難しい

 

  • 特徴を理解して依頼先を見極めましょう!

 

一生に一度といっても過言ではない住まいの購入。後に後悔することの無いように、業者選びは慎重に行う必要があります。「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」のどれが自分たちに合っているのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットを押さえて、最適な選択をしましょう!

 

一覧に戻る