• スタッフブログ
  • facebook
  • instagram

MENU

columnコラム

注文住宅を建てるなら知っておきたい高性能住宅について

「せっかく注文住宅を建てるなら、住みやすい家が良い」と考えるのは当然のことでしょう。住みやすい家と一口にいっても、間取りや設備などさまざまなポイントがあります。そこで忘れてはいけないのが住宅そのものの性能です。どんなに理想的な間取りで機能的な設備を取りそろえていても、住宅の性能が低くなってしまうと快適とはかけ離れてしまう恐れも……。そこで今回は、最近注目を集める高性能住宅の特徴などについて紹介します。

 

  • 高性能住宅ってどんな家?

 

高性能住宅とは、断熱性、気密性、耐震性、省エネ性など、住宅に求められる性能が高く、快適に暮らすことができる住宅を指します。住宅の性能を比べるうえで、UA値、C値、Q値、ηA値という指標がありますが、「○○が一定基準値を超えたら高性能」という明確な基準は定められていません。ただし、施工会社によっては独自に基準を設けている場合があります。高性能住宅を検討するのであれば、施工会社にどの程度の基準をしているのかなどを確認しておきましょう。

 

また、高性能住宅に似た住宅として「ZEH(ゼッチ)」や「長期優良住宅」というものがありますが、こちらは基準や必要な設備などが定められているため注意が必要です。

 

  • 高性能住宅のメリットとデメリット

 

高性能住宅のメリット

 

・冬でも家全体が快適に

冬に「部屋から一歩出ただけで寒い!」という経験をしたことがある方も多いはず。しかし、高気密・高断熱な住宅であれば外気の影響が少ないため、家全体の温度差が小さくなります。これによって、温度差などが原因とされるヒートショックが防止できるのも大きなポイントです。

 

・電気代節約につながる

外気の影響を受けにくい高性能住宅は、冷暖房をあまり使わずとも快適な室温に保ちやすくなっています。そのため、月々の光熱費の節約が可能です。また、太陽光発電システムなどを設置し余剰電力を売ることでさらなる節約ができる可能性もあります。

 

・遮音効果も高い

気密性が高いということは、それだけ防音・遮音性の高さにもつながります。小さな子どもがいるご家庭や外の音を気にしたくないという方にとっては、こちらもメリットの一つといえるでしょう。

 

高性能住宅のデメリット

 

・建てる際の費用が高い

高性能住宅を建てるためには、一般的な住宅よりも多くの建材や質の高い断熱材などを使用します。また、精度の高い施工が求められるため、その分建築費は高くなりがち。ただし、その後の生活を送るうえでかかる光熱費や住宅のメンテナンス費用を抑えることもできるため、長い目で見れば高性能住宅の方がお得になるケースも少なくありません。

 

・一部の暖房器具が使用できない

気密性の高い住宅では、石油ストーブなどを使用することで一酸化炭素中毒になる危険性があるため使用することができません。エアコン、床暖房、オイルヒーター、FF式ストーブなどは使用可能です。

 

  • 補助金や減税が受けられるケースも!

高性能住宅を建てる際、ZEHや長期優良住宅に当てはまるなど、一定の基準を満たしている場合は補助金や減税を受けることができます。高性能住宅は建築費が高額になりますが、こうした優遇制度によってある程度の負担を軽減することが可能です。ただし、補助金や減税といった制度には申請期間や上限が決まっているため、「申込期間」「申し込み上限」などを事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

  • 住宅の性能にこだわって快適な暮らしを

注文住宅は一生に一度といっても過言ではない大きな買い物です。それだけに「少しでも住みやすい家にしたい」と誰しもが思うはずです。快適な暮らしを送るためには、設備や間取りも大切ですが、まずは住宅自体の性能に注目することが大切です。注文住宅を建てる第一歩として、性能にこだわってみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る