• スタッフブログ
  • facebook
  • instagram

columnコラム

心地よく眠れる寝室とは?間取りのアイデアも紹介!

寝室は、1日の疲れを癒し、次の日を元気に過ごすためには欠かせない空間。それだけに、寝室はしっかりと休めるように環境を整えておきたいところ。せっかく注文住宅を購入するのであれば、より質の高い睡眠がとれるような空間作りを目指してみてはいかがでしょうか。ここでは、より良い寝室を作るためのポイントと間取りのアイデアを紹介します。

 

  • 快適な寝室にするための3つのポイント

 

まずは寝室を快適な空間にするためのポイントを見てみましょう!

 

▼自然と風が抜けるように

マットレスや布団に水分がたまりやすく、人の出入りも少ない寝室は、湿度が高くなりやすい場所です。そのため、寝室を快適な空間に保つためには換気や風の通りを確保することが欠かせません。寝室の間取りを考える際は、空気の通り道を意識するのがポイントです。

 

▼適度な日当たりと採光

寝室は湿気がたまりやすいため、日中でも日差しが入らないとジメジメとした部屋になりがち……。また、カビも発生しやすくなってしまうので、日当たりや採光を考えておきたいところです。ただし、日差しが強すぎると暑すぎたり寝具が日焼けしてしまったりするため、部屋の向きや窓の大きさなどで調整しましょう。

 

▼プライバシーの確保

寝室は、住宅の中でも特にプライベートな空間です。それだけに、しっかりとプライバシーを確保することが大切です。「他の部屋とのつながり」「窓から寝室内が見えてしまわないか」「防音性能」など、十分にケアするようにしましょう。

 

  • 寝室の広さは「何を置きたいのかを決めてから考える」

寝室を快適な空間にしたいのであれば、ベッドの周りに適度な空間を確保しておきたいところ。しかし、ベッドなど大型家具を置くことを考えれば、どれくらいの広さが必要なのか悩んでしまう方も多いはず。必要な広さを見誤ってしまうと、「ベッドを入れたら部屋がそれだけで埋まってしまった」「収納スペースの扉がベッドに当たって開けにくい」など、不便な空間になってしまう恐れもあります。そこで、寝室の広さを決める際には、以下のように「寝室に何を置きたいのか」を考えてみましょう! 寝室に置きたいものを考えておくことで、必要な広さの目安もつけやすくなるはずです。

 

▼チェックポイントの一例

・ベッドにするのか布団にするのか

・ダブルベッド1台かシングルベッド2台か

・タンスを設置するのか収納スペースを設けるのか

・ナイトテーブルやテレビを設置するのか

 

  • エアコンやコンセントなどの位置にも注目!

寝室をより快適にするために、エアコンやコンセントなどの位置にも注目しておきたいところ。

 

▼エアコンの位置

エアコンは暑がり・寒がりなど人ごとに感覚によって考え方が変わるため、慎重に話し合っておきましょう。「直接風が当たる場所でも問題ない」「ある程度ベッドから離す」「部屋ごとにエアコンを設置せずに全館空調を導入する」など、あらゆる可能性を検討しておくことが重要です。

 

▼コンセントの位置

ベッド横にスマートフォンを置きたいけれど、充電ができないというのは不便なもの。延長コードを使用すれば充電できますが、あまり見た目はよくありません。また、寝ぼけて足を引っかけてしまうことも考えられます。そのため、必要に応じて枕元付近にコンセントを設置しておくことを検討しておきましょう。

 

▼照明スイッチの位置

電気のスイッチとベッドが離れていると、オン・オフのために起き上がったり真っ暗な部屋を移動したりしなければいけません。そのため、電気のスイッチやベッドの位置にも気をつかっておくと良いかもしれません。また、リモコンで操作できる照明器具を設置するのも一つの手です。

 

 

  • 疲れた体を癒すこだわりの寝室に!

夜に体を癒し、朝を心地よく迎えるためにも、寝室は暮らす人にとって心地よい空間にしたいもの。注文住宅であれば、広さや明るさ、レイアウトなど、生活スタイルや好みに合わせた寝室作りができます。「寝るだけの部屋だから……」ではなく「1日の始まりと終わりを過ごす場所」として、細かい部分まで気を配ってこだわりの癒しの空間を目指してみてはいかがでしょうか!

一覧に戻る