• スタッフブログ
  • facebook
  • instagram

MENU

ZEHZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及の取り組み

  • HOME
  • ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及の取り組み

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及の取り組み

福山市で注文住宅を手がける「共栄ホーム」では、当社国が定めるエネルギー政策を先取りして創エネと省エネを組み合わせ、住宅1棟のエネルギー消費量を実質“ゼロ”にするという「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に独自の取り組みを展開しています。なお、ZEHの家を建てれば、電力コストの大幅な削減につながるだけでなく、国から補助金の給付が受けられます。なお、ZEHについてのお問い合わせは共栄ホームまでお気軽に。

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

「ZEH」と書いて“ゼッチ。これは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略。ネットとは「正味」なので、電力消費を“実質”ゼロ以下にできる家を指しています。つまり、エネルギーの自給自足を可能にする住まいという意味。なお、ZEHは国が掲げる政策で、住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すと定められています。

もちろん、ZEHでも、電力会社から電気を購入しなくなるというわけではありません。あくまでも家庭で使うエネルギー量と太陽光発電が生み出すエネルギー量その差し引きで年間の消費エネルギーの収支を実質的にプラスマイナス「ゼロ」以下=実質ゼロ以下にするという仕組みです。

つまり、ZEHを図式化すると以下のようになります。

図式化

ZEHのポイント

だからといって太陽光発電システムを導入するだけではZEHになりません。住まいの断熱性能と省エネ性能をこれまで以上に向上させ、家庭で使うエネルギーの絶対量総量を大幅に減らす必要があるからです。つまり住まいの省エネ化が重要ということ。

これを達成するには、住まいの断熱性や気密性を上げて室温を上昇させるような外気の流入を避けること、建物(構造体)本来の省エネ性能を高めながら最新の設備機器(冷暖房)を組み合わせ一層の相乗効果を高めなくてはなりません。このように、住まい全体で省エネを達成することがZEH化への前提条件です。

共栄ホームの取り組み

共栄ホームの取り組み

ZEHの普及促進のため、国は新しく家を建てるご家庭に対し補助金を設定。補助金給付は2012年に開始し、すでに多くの方が補助金を受け取り、ZEHを導入しています。こうした中で共栄ホームでは下記のような独自目標を設定し、ZEH基準の住宅普及に今後も積極的に取り組んでいきます。